2006年01月20日

都会の生活(後)

うるせえんだこのやろう.jpg

コレ最後です 

我が家の憲法 平和憲法
戦争放棄を謳っているが
国民の自由と権利を守る
そのため軍隊も飼っている

風下に背を向けて立つ程
馬鹿じゃねーし強くもねえぞ

これは緊急避難

咄嗟に手ごろな武器をさがした

ギター、スタンド、フライパン
鉄のスツール 小脇に抱えて
   大声で

 いま、あけるから!

ノブを握って震える拳


   ガチャリ



  「あのー・・・・」

ヌッと出てきた青ざめた顔 
  サックス男 

22、3か?及び腰
「こういう手紙が入ってたんですけど・・・」

だってオレが入れたんだもん!
君でしょ変な嫌がらせすんのは
やめてほしくて入れたんだもん!

僕の声は高い声
彼の声は低い声

「なにか誤解があると思うんですよね」
白熱灯の下 よく見れば美青年

以下は彼の弁

・・・最近 部屋に帰っていなかった
これは身に覚えのない話
自分もサックスを吹く人間、騒音はお互い様である
我慢がならない場合があれば
自分は直に文句をいいます 
だいたい
こんなビラを貼ったりして
効果があるわけないじゃないですか云々


・・・しかし自分は騙されませんよ!
ほんなら書いてみぃ?
書けるでしょソレがホントなら!

「書く、って
何をですか」

家族全員くるしんでます。って書いてよノートに筆跡みるから


「家族全員くるしんでます。」

・・・・左手かな?左手で書いてよ!
いくらなんでも大きすぎます。って


「いくらなんでも大きすぎます。」

ウームぜんぜん違う字ですよ皆さん

我々
ヒョッとして

ひと間違い?


「ヒサミチさんの前に住んでたひとは
夜中に大声で唄うんですよ B'zとか
酔っ払ってるんでしょうね

で僕、壁蹴っ飛ばして、うるせーぞっ!て」

どうも明朗な性格らしい サックス男

やべぇ間違えた 捜査ミス
平謝り 

お詫びに奢るよ 駅前の居酒屋へ

「彼女の部屋に転がり込んでて
こっちにずっと帰ってなかったんですよ
僕は早稲田の院生です
サックスは趣味で
実は作家志望なんですよ
いま新作にかかってて
え?聞きたいですか?」

「妖怪ものにとりかかってて
伝奇小説というより民俗学系の
そうです 天狗とか狸とか
化かされるそのメカニズムを」

「彼女とは結局別れたばかりなんですよ
ナレソメ?恥ずかしいなぁ
彼女がロビーでコピーをとってて、
錦絵ってあるじゃないですか
あと歌舞伎の役者絵
僕もそういうの好きだったんで
つい話しかけちゃったんですよね」

「これといった原因があるわけじゃないんですよ
こっちの話にレスがつかない感じがあって
どうしてもイライラ
もっとフランクになれないかなぁ
喧嘩したって仲直りすればいいのに
僕が田舎育ちだからそう思うのかも」

ホントは未練があるんじゃないの?

「やっぱ、そうなのかなぁ・・・」

それにしても
アァ
よった酔った語らった
久々に良いココロモチであります

オットコもつゥらいィけどォ オンナもつらいのよォ
トモだちにィ なれたらァいーいのにィ 


んじゃね、で部屋に帰ってきて

・・・あれ?

じゃ誰なの?怪文書?



後日譚


管理会社が注意したらしく
以後 怪文書は止んだが
のちに警察が2度来た
事情を話してお引取り願う

「民事不介入なんだよね 我々何もできないの
困ったひとはどこにでもいるけど
通報があれば我々は行かなきゃなんないのよ」

雨の晩 ご苦労様でした
「通報者の名前も言えない事になってるんだよ」

相手は名乗るんですか?
「いんや、ここの住所を告げるだけ」

それでも行かなくちゃなんない
「そう、行かなくちゃなんない」

人差し指をこめかみに当てて
これだよ、これ、というしぐさ

「また何かあったらいってください それじゃ」

雨音と
ドア越しに
自分の音は低く、まず隣にも聴こえないだろう
一体だれなんだろう
壁を伝って 床をつたって

ああ

下か・・・


確かに
ときどき下の部屋で猛烈なクラシックピアノ音がする
自分が音をたてたそのあとで
馬鹿でかいTVの音がする

階下にある
戸々の部屋宛の郵便受けを
ロックしているのはあいつだけ

いかにも、というアノ風貌
だけど
何となく収束ムード
これ以上突き詰める気になれなかった

もう脅かされてはいないわけだし
触らぬ神に祟りなし


1年後、階下の彼は引っ越した

ほっとしていた初夏


郵便受けに丸めた紙片
女性らしい筆跡

「そういう音をならすならでて行け

 ここはしずかな町だ」

「うるさい!

 ひっこっせ」

「うるせえん

 だ

 このやろう」

posted by ヒサミチ at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 所存 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。