2006年04月24日

業者の業は

腹の立つこと多い日々

後から考えりゃー大したことナイ
ちょっとしたことでムカムカ

インターネットで「よろしくお願いします!」を
やってりゃ仕方がないんですが

男に生理があるなら今それ いまオレ生理

もう何かね
厚かましいメールが来るんですよ 企業もどき 業者から

宣伝のつもりだろうが
わたしを小ばかにしていませんか?
というような

く、く、クヤシー
ブログでぜんぶ晒してやるッ

思って思いとどまった

いや 
そういうのも面白いけどさ
読んでてなんか痛々しいじゃないですか

出会いサイトからの迷惑メール
晒してる人いっぱいいるけど

送信元の業者が
受信先のアドレスを
どこで知ったかっていったら
例外あれど殆どは 

掲示板や よその出会いサイトに
ご自分で晒したアドレスでしょう

今は違うのかな なら御免

自業自得 オレはそうですから

今回も
イイお話かと思えば
業者の電話またはメール

欲をかけばカモ
業者の業は人の業

自分の友人 サタケの友だち

20代後半でロック・バンドをやっていて
どうにも芽が出ない

「100万円でデヴュー1式引き受けます!」
デモCD作成 宣伝 マネージメント 本気のひとだけ募集中
事務所に声をかけられて あなたもスターになれる

一世一代の賭けで100万円 振り込んだ途端に連絡が途絶えた
電話に出ない 事務所に行くともぬけの空


よくあるはなし

次の日 体が動かない
布団の中で金縛り 

職場に電話したくても
顔が 手が 足が ビクともしない 
口をぱくぱく 金魚のように マバタキもできない 
異変に気づいた家人が呼んだ医者に
自律神経何たらという病名を付けられて

いまは田舎に暮らしているという

「・・・サタケはいいよなぁ 音楽ができるだけでうらやましいよ」

電話口 すごく声が小さくて何度も聞き返したそうです

「オレはもう駄目だよ 仕事も出来ないし 

もう、他人が 信じられないよ」


題名失念 ドラマのなかで 
菅原文太が 一人娘をかどわかされて 相手の家に談判に行く
玄関先で土下座の両親

「もう二度とさせません!」「ウチの息子を許してください!」
「わたしたちの誠意を信じてください!」

といわれてアノ声で
こう呟いた


・・・「誠意」って、なにかね

posted by ヒサミチ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 所存 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17000065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。