2006年05月05日

変なことするひとたち

2006y05m05d_210755292.jpg


このあいだ
奇矯なレコードばっかり売っているお店
渋谷SONOTAでお話を伺った折

普通のレコード屋って
たとえば「ロック」とか「ジャズ」とか「J-POP」とか
ジャンルごとに区切ってあるでしょ

SONOTAは
ああいう しきいからもうヘン
「童貞」とか「事故」とか「冠婚葬祭」とか
「ホモ」ってのもあったかな

新宿のディスク・ユニオンには
昔から「狂人」ってコーナーがあって
スカイ・サクソンとかチャールズ・マンソン
いわゆる「イッちゃってる」目付きのジャケ
不穏なレコードが並んでいた

SONOTAではスカイ・サクソンは「神」だったかな
マンソンは「犯罪者」のコーナー?

とにかくアレよ、
なるほど、と思いましたよ

「童貞」というコーナーは童貞ばっかり
いたいけな十代 ニュージャージー出身
ギターを抱えてニッコリ笑ったその歯にキラリ矯正器

F1のエンジン音だけのレコード
腹話術の人形がつくったレコード

こういうレコード
ちょっと前までモンド・ミュージックといって
静かなブームだったんですが
SONOTAの徹底は凄いと思った


278a.jpg


「これとかどう?」と店長さんが出してきたのが
オハイオ州 プライヴェート・プレス 結婚式の中継レコード
「蚤市で見つけたんだけどさー」 
寄せ書きが書いてある
「おめでとう!」「末永くお幸せに!!」「二人の永遠の愛を祝して」

・・・ただの結婚式の模様じゃないんですかコレ

「あのね、このレコード、
何故、二束三文のバーゲン・セールの片隅で
売りに出されていたのか

ちょっと考えてみてくださいよ」

圧倒されて一枚買った
いや、結婚式のはいらないので別のレコードですけど


かわったひと 変なことするひとたちの
変なレコードは無数にあって その一部がmp3で聴けるサイト
「365Days Project」 量多すぎて聴ききれない 
小生のお気に入りはペンシルヴァニアの高校生ミュージカルからの曲
「Journey Of Persephone」



前に紹介しましたがもう一度
押入れの中に眠っていたテープを晒すサイト「TAPE FINDINGS」
今週は占星術の有難いおしえ らしい


もうひとつ おまけ
何気なくひろった紙片にワケありのメッセージ
そういう画像を集めたサイト「FOUND Magazine」

2006y05m05d_214329491.jpg

こういうののエーゴ版と思ってください

posted by ヒサミチ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。