2006年05月12日

近田春夫とビブラストーン

ビブラストーン 「TVドラマは全て現実?」 93年頃か



名曲中の名曲 
にしても全然懐かしくない 呆れかえりました

個人的な思い出

オレがはじめて近田春夫先生を見たのは日比谷野外音楽堂

じゃがたらの江戸アケミが死んだあと
緊急追悼ライブがあったのね 90年

行った事ある人なら知ってるかもしれない
あそこ、ステージ左手植え込みから覗けるんですよ
今はどうだか知らないけれど

オレ十代です 金無くて
貧に加えて肌寒かった 春 小雨が降っててね

ザ・グルーヴァーズの何とかいう人が
鼻息荒くもしょっぱいDJプレイをしてて 
バンドで出りゃーいいのに

つまんねーな もう帰ろうか
そういってたら


「ザ・ビブラストーン!」のアナウンス
オヤジが十何人か わらわら出てきたと思ったら
猫背で若作り 真ん中のひとり目立つおっさんがマイク越し
えれぇー通る声で

「・・・お前ら、さむかったろう?」

「オレたちがあっためてやる!!」

はじまったのがこんな曲
「日本人て暗いね 性格が暗いね」
「日本人て暗いね 性格が暗いね」

強烈な日本語ファンク 

はっぴいえんどの心象風景とも
米米クラブみたいな言葉遊びとも
最近のラッパーのような上すべりの所信表明とも
レキゼンと違う

ひとめぼれ 自分は恋におちました その名は春夫 近田春夫

vib.jpg

当時のインタヴューで大略こんなことを言ってました

ビブラストーン
「駐車禁止だったところにパーキングメーター何故出来た」
っていう詞は体制を批判しているんじゃない
反逆しているふりをしているだけなんだよ」

「あっちのヒップホップのやつらは
敵対するラッパーを「殺す」「撃つ」とライムでやりあうけど
本気でいってるわけないじゃん
本当のギャングは音楽なんて面倒くさいことやらないよ
彼らは裏でお互い大笑いしていると思うよ」

「歴史に残りたいね ただし、ものすごく下らない理由で」

P・K・ディック「暗闇のスキャナー」
白洲正子を 筒美京平を 何より表現のリアリズムを
自分は近田春夫に教わった


オレにとってのオザキ豊
思いいればかり先立った 暑苦しい文を許してほしい

You Tubeもう一発

「パブリック・エネミー」ビブラストーン

 


「ハルオフォン一代記」
タグ:イイ人紹介
posted by ヒサミチ at 02:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | 映像 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
http://www.youtube.com/v/vLO_vesV4fg
ビブラストーンの素晴らしいライブ「Mikky−D」

デッドリンクばっかりですまんね
見られるうちに見といてほしい
Posted by ヒサミチ at 2006年08月04日 19:52
懐かしい、ビブラ。
上のチラシのライブ全部行った。
まだ10代でバイト代あったから
東名阪ツアー追っかけした。

すばらしい映像をありがとうなり。
Posted by エリコ at 2006年10月07日 03:34
You Tube、日本のものは避けてるんだけど
ビブラは貼らずにいられなかったよ

ここだけの話ですが
Dr.Tommyさんご本人のmixiとMyspaceのページに この映像が貼られていてビックリ

かっこいいもんなぁ

でも結局消されちゃって
著作権ってめんどくさいなぁー、と思いました
Posted by ヒサミチ at 2006年10月07日 05:02
こんにちは。

えーと、僕もアケミの追悼ライブには行っておりました。

で、水を差すつもりはないのですが、
「日本人て暗いね」はビブラストーンの曲ではなく、
暗黒大陸じゃがたら名義のアルバム「南蛮渡来」に収録の曲。
つまり、アケミの曲です。

あのとき、ビブラはもう一曲やったはずですが、
それもたぶんJAGATARAの曲だったような……。
Posted by umazo at 2007年08月18日 14:57
この記事はビブラストーンもじゃがたらも知らない若い読者に
初見のインパクトを伝えたかったんですよ 入門篇 
なので曲の解説は省きました
http://www.lexington.co.jp/~mailorder/blog/2006/07/80.html

>ビブラはもう一曲やったはず
「HEY SAY」だったかも でも自信ないです
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kay_dac/testament/text/a10.html
Posted by ヒサミチ at 2007年08月18日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。