2006年06月18日

You Tube 70年代 日本ポップス特集

RCサクセション 「スローバラード」1976年 京都府立体育館



「・・・じゃあ、次は、リズム・アンド・ブルースの名曲で、スローバラードというのを聴いてください」

名作「シングル・マン」廃盤になったばかり 当時は新曲でしょう


singleman.JPG

ヴォーカル 忌野清志郎の弾いてるハモンド・オルガンは
井上陽水「氷の世界」の印税で買ったものらしい

マスターもっと状態イイ筈
この日の映像、出してもらえないですかね>キティ・レコード様





原田真二 「てぃーんず・ぶるーす」 1977年

鈴木茂南佳孝、松任谷由美といったティン・パン・アレーの流れから
現在のキリンジまで続く都会派ポップ・ミュージック 傑作のひとつです

この曲 オレ松本隆のボックスで知りました「風街図鑑」 「中村一義みたいじゃん!」
「金字塔」の頃ですよ


そういえば原田真二、松田聖子とのゴシップもあったなぁ
二人とも 作詞 松本隆の描いた街で恋を囁きあうのかと これは余談






サディスティック・ミカ・バンド
「塀までひとっとび」
1974年 ワン・ステップ・フェスティバルより

ミカバンド
その先駆的ファッションばかりが話題になるきらいがありますが

ドラムは高橋幸宏 ギターは高中正義 ベースは小原礼
フロントはミカと加藤・トノヴァン・和彦のスーパー・バンド 堂々の日本語ファンク

この曲
グラハム・セントラル・ステイション
を連想
ポップなのに色褪せないのは 自信に溢れているからじゃないかな



最後は
美空ひばりのブラジル公演「相馬盆唄」1970年

日系移民に向けてのライブ
トロピカリズモの
志士たちはコレ見てたんでしょうか
見てどう思ったのかブラジル人 胸がすくよなツイスト民謡 
posted by ヒサミチ at 06:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映像 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
http://z.la/lb167
美空ひばりのブラジル公演追加
お早めに
Posted by ヒサミチ at 2006年09月16日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19433162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。