2006年11月27日

このビラ誰でも使えます

dasia1.jpg

「伝単」とは戦時の宣伝ビラのこと

propagandadrop3.jpg

こうして飛行機の上からばら撒かれた謀略チラシを指します

2006y11m27d_211035354.jpg

「降伏しろ」「武器を捨てろ」ってこと
1940年代半ば 戦況どうやら敗色濃厚 国民全員敵機に恐れおののいていた頃 
米軍は本土空襲の度に予告のチラシを日本上空から撒いていた

2006y11m27d_204843177.jpg


もちろん敵の宣伝工作ですから コッソリ持っているとスパイと呼ばれて処罰される
それをコッソリ持っていた人がいてココでまとめて見られます 殆んどは前線の兵士向け

曰く
正成公はああ言った  光圀公はこう言った

米軍はサイパンを制圧し マニラを陥落 沖縄を占領した 
補給路は既に絶っている


われわれは空襲で本土を襲い あなたがたの家族を無差別に殺している

「いくら精神力でも三八式歩兵銃では
どうしてコンクリの五〇〇キロ爆弾に喰つてかかることができませうか」


「諸兵の戦友は毎日の様にマラリアまたは脚気腹痛の為に倒れて行つているではないか」

85.jpg

諸君の金は紙切れになってしまっている
何より多勢に無勢であって、 国の命運まさに風前の灯 将棋で言えば王手飛車取り

dtoki2.jpg

投降すれば道は開けるぞ!

dsur12.jpg


「さあ!どうか一刻も早く諸君がその友達を訪ねる時のやうな気易さで
米軍戦線にやつて来て下さい!

「生命絶体保証は申すまでもなく、食事もご満足いただけるまで差し上げる用意もあり」

ビラがそのまま白旗 捕虜収容所へのパスポートでした

dsur3.jpg

よくできてるんだコレが テキながら 

日本軍の伝単もあったけど どーもズサンつーか
コレ見て戦意喪失するやつはいないと思いました

折りたたみ絵がちょっと面白い 折りたたむと平和 ヒトラーが出現 

敗戦後、捕虜収容所に暮らすうち
複雑な思いで「健康に太っていく」もと勇士達の姿は大岡昇平 「俘虜記」
収容所内政治や民族間のギャップは会田雄次 「アーロン収容所」に
敗戦するなり掌を裏返してマッカーサー万歳を叫ぶわが日本民族の心理は 
山本七平 「ある異常体験者の偏見」に詳しいよ 
三冊とも本当に面白かった 

アマゾン 右派左派はやわかりの漫画も入れとこう



しかし一番上のビラどういう意味なんだろう わからないから美しいのか

こちらはアメリカ国内向け

15b_6th_War_Loan.jpg

「Tokio Kid」シリーズ


タグ:歴史
posted by ヒサミチ at 22:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 画像 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
You Tube 戦前戦後の日本をオール・カラーで辿るドキュメント映像
「Japan before and after World War II of color」
http://z.la/yw7no
オススメです どうぞお早めに
Posted by ヒサミチ at 2006年11月28日 02:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。