2006年12月06日

信じる力

how_to_disappear.jpg

「超能力は信じる力」と常々言ってたエスパーがつかまって
わが国の「大麻で検挙」ってふつう密告だよね 
おおかた仲間うちのチクりであろう

大麻は疑う力を麻痺させる 彼は信じたかったんだろう
友を家族を 何より自分を 神秘を呼ぶ己の能力を

vanishingact.jpg

清田益章は80年代終わりごろ
TVの念力特集でよくスプーンを曲げていた 
途中で何故か曲がらなくなって 仕方がないのでこっそり手で曲げた 
はじめは曲がっていたんだから結果は同じ
とにかく超能力は存在するんだ

つまり役回り
彼は証明しなくちゃならない 念力が実在するってことを
TVカメラの前で 信じない人たちのその目の前で 

信じる人は信じさせたい 信じない人に知らせたい
何度スプーンを曲げてみせても信じない人がいる
「トリックだ」「いや本物だ」とTVで争ってみせて彼らは名を成した

オレもスプーンを握ったクチです 蛍光灯にかざして寄り眼
ゴシゴシ30分やってみた 途中で飽きてこう思った

多分コレ向き不向きだわ それにしても清田君すごいね
退屈したりしないのか 手で曲げたほうが早いのに
スプーン曲げはオナニーに似てる 曲がると快感達成感があるのか

げんざい自分は超能力に興味が無い 
あってもなくてもどっちでもいい オレのスプーンは曲がらない
超能力の実在を世間に訴える人間に興味がある 

「スプーン曲げは誰にでも出来る」といって彼らは付け加える
「そう、キミが信じさえすれば」
出来なければ人は信じない   
わざわざ何度もなぜ証明する 

清田益章という男は画面の向こうでいつも不貞腐れていた
それがいかにも自然だった 
TVで見慣れた芸人に囲まれてあからさまに素人だった
「4年後には武道館でライブをやる」「予知夢をみたんだよ」
彼はバンドで唄っていて あまり話題にならずに終わった

「人が俺に寄って来るのか
俺の超能力に寄って来るのかわからなくなった」
超能力を持ったとしても 使いこなすことは出来ないんだろう


「超能力は実在する 何故なら私が超能力者」
それでいいじゃんと俺は思う 

隠しておけばよかったのに 

隠したほうが本物っぽいのに

Untitled-1.jpg

画像はzachary rossman




「曲がるスプーン」


JJの予知夢を語る
 
タグ:80’s
posted by ヒサミチ at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 所信 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29031757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。