2006年12月29日

「とうとうロボがきた!」

ミャウリンガル、どうも評判わるいね
使えないっぽい
なにしろ猫、思っているより鳴かない動物
http://homepage2.nifty.com/NG/think/040310.htm
「TAKARA ミャウリンガル使用レポート」

玩具メーカーTAKARAが出した 
犬の鳴き声翻訳機「バウリンガル」

50791133_146.jpg
ペット・ブームの波に乗って
30万個以上の出荷があったらしい
ミャウリンガルはその猫対応ヴァージョン
http://journal.mycom.co.jp/news/2003/07/17/12.html

12f.jpg


「ワンちゃんの鳴き声を音声解析すると、同じ鳴き声でも感情の違いによって
音声波形が変化する事が分かっており、そのデ−タを元に分析しています。」

「イグ・ノーベル賞 受賞!」
まだまだジョーク・グッズってことか こういうの

実家で犬飼ってたのはもう7、8年前かな
とにかく馬鹿でね 犬に馬鹿っていうのも変だけど
まず顔をおぼえない 何年たっても
オレの帰宅と同時に吠えはじめる だれにでも吠える 
ウチのおかん以外

臭うし五月蠅いし嫌いだったんですよオレあの犬
でもおかんが旅行いったり、入院してたりすると
自然 散歩させるのはオレ

はしゃぐんだ彼はまた ギューギュー紐引っ張ってね
はぁはぁ興奮して(尾籠失礼)もう糞したくてたまんないのね
すぐしたい 今したい
その癖 すぐしちゃうのは勿体ない、と思っているらしくて小出しにしたり、
ウンコスポットを選びに選ぶ
イベントなんでしょうね エンジョイ・ザ・ウンコ

そら自分は散らかし放題
「うはー、すっきりしましたぁ ほんじゃ」でいいかも知らんが
あとから貴様の汚物をいちいち拾ってビニール袋に詰める
男ざかりの俺をどうしてくれるよ 阿呆

一度 何だかしきりに横道に逸れたがるのよ
オイオイ ケン太くん、何ですか、一体どうしたんですかト厭々引っ張られてゆくと
知らない家のガレージの前 
繋がれていたポメラニアンと柵越しに餅つき始めやがって 
前戯抜きですよ 畜生だけに

後の事とかまるっきり考えない 助平そのもの
無理矢理はなして引っ張ってきましたけど

あの時はすこし胸が痛んだな 
俺同じことされたらイヤですよ 
途中で・・・ねえ? 辛いだろうと

だからねバウリンガル、良し悪しだと思う
例えばこういう場合、もしも仔細に翻訳できるとしたら
説得というか、

・・・ケン太くん、気持ちはわかるよ わかるが 君は一介のペットの身
子供が出来たら どう責任をとるつもりだい?
今日のところは頭を冷やして じっくり皆で考えようじゃないか 
さあ もう帰ろうよ

帰りゃしませんよ これからだもん どうみても

「うぜ」「うっせ」「呼ぶまでどっかいってろ」
「パチンコでもしてろ」 

俺だってそう言いますよ そんな・・・ねえ? 困るわけで

コミュニケーション成り立ちゃいいってもんじゃない
人間どうしだって そうだと思うわ

人事関係、うまく成り立たないから努力したり悩んだりする
でも、そのことで
人生がいわば「読みごたえのある本」になっていくんじゃないか
だから我々全員エスパーだったら
えらい弱気な、おどおどした人生おくってるのではないだろうか
どうよ読者諸君このへんなかなか読ますだろ 

だいたい肉くってたら「たべないデー」とか
野菜煮てたら「あついヨー」とか
道歩いてたら虫ふんで「いたいヨー」とか
いわれてたまるか、っていうのよ ねえ?


・・・バウリンガルじゃなくて、ほんとはこっち↓の話をしたかった
Q.B.B.「とうとうロボが来た!」幻冬社文庫 520えん



周りじゃ皆「中学生日記」を推してますが、オレはこっちです
犬が飼いたくて飼いたくて仕方ない子供の漫画
親や友達に打ち明けられず、まだ見ぬ愛犬に「ロボ」と名前まで付けるが
果たして「ロボ」に会える日は来るのか

「あるあるー」では終わらない抒情と愛
何かに惹かれ、憧れてしまうその背中が眩しい
描かなければならなかった、それがはっきりわかる名作でした

動物嫌いのオレからオススメします



久住昌之のホームページ

タグ:マンガ
posted by ヒサミチ at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 所存 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30482508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。