2007年01月20日

WEB不思議まんが特集

Albert Hahn Sr. 0722HahnL.jpg

1907年 作者はAlbert Hahn Sr. 風刺雑誌「De Notenkraker」より 

ネットで読める漫画を紹介

「叱ってリーゼ」のweb漫画特集で知ったんだけど
「ピョウ」は本当に凄いね 

2007y01m20d_035806565.jpg
「ピョウ」

昔の貸本漫画みたいなグロ怪奇譚に 
執拗な心理描写がライト、かつあっけらかんとした線でなぞられて
今までも そしてこれからも
商業誌では絶対に読めないであろうトラウマ・エンタテインメントになっている

どう説明したらいいのか
「寄生獣」+「カイジ」+「エヴァンゲリオン」を
デヴィッド・クローネンバーグまたはアンジェイ・ズラウスキーが映画化
それを、さらにメキシコの高校生が文化祭でリメイクしたみたいな感じか 全然違うか

全部で500ページ強
作者、覇亜さんは「ピョウ」に3年をかけている
描かずに生きていられなかった そういう漫画だろうと思った 

2007y01m20d_035658337.jpg

この奇作、完成したのが去年の12月 
出来たてほやほやの異常な世界に是非触れてみて下さい

怪物絵専門サイト「MONSTER BRAINS」で特集してくれないかなぁ「ピョウ」

ところで
前にもうえやま洋介犬「誘拐犯」を紹介しましたが WEB漫画っていろいろあるのね
「光る風」「レッツラゴン」「漂流教室」で育った自分にとって漫画はオルタナ、前衛芸術の一種
だから萌えとかダメなんですが そういうのばっかりでもないみたい

2007y01m20d_213716446.jpg
イスラエル出身Koren Shadmi「グランパ・ミノルタ」

奇妙な祖父の思い出 英語わからなくても怖いよ

2007y01m20d_214804728.jpg
「そうやね」

市松さん
の不快が快にかわるまで
オレ「カサブランカ」「飲み込んで」が好きです

2007y01m20d_215547964.jpg
清野とおるトラウマンガ館

2007y01m20d_234335894.jpg

「mixi先輩後輩大先輩」でおなじみ エース明さんACE漫画センター

2007y01m20d_220449272.jpg
シャブ壱inDEEPで知った早見純「一冊二冊惨殺」

Web漫画にはお金も人もいらない 誰でもカンタンに世に問える
だからこそナンバーワンよりオンリーワン
他にもあったら教えて欲しい 


以降はおまけ 宣伝チラシ漫画

Part8まであってうんざり「Roppongi English」

学生運動内ゲバのパロディ漫画

米国文化情報局提供「ジョン・F・ケネディ物語」

創価学会勧誘漫画「うちの兄貴は学会員」いやによく出来てて騙されそう こちらもあわせて

「まんが『無防備マン』が行く!」 パロディも盛り上がってます

最後に
「高校時代に描いた漫画をけなされたことを思い出してイライラした。
相手が死のうが関係ないと思った」
 

四月朔日大助通り魔報道 その漫画「フィアーオブハイド」
posted by ヒサミチ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 推薦 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日読んだ漫画 『そうやね』
Excerpt: 「好きになった」で知った、そうやねが面白かった。 掛け合いが小粋というか。 このマンガに出てくる登場人物のような立派なニヒリストになりたい。 そうやね-MANGA-
Weblog: 叱ってリーゼ
Tracked: 2007-01-25 00:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。