2007年01月23日

You Tube スペイン音楽特集



1974年 Joan (Juan) Manuel Serrat 「Mediterraneo」

スペインの3拍子ジャズ・ロック 
前のめりに転がるワルツに乗っかって血を沸かせる語りもの 
昭和歌謡にも似てる 音階やブレイクにジプシー音楽の香り

B00004X0MA.01._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg

1974年 Joan (Juan) Manuel Serratバルセロナ・ライブの続きは
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 とくに3、4、8、11曲目 バンドが入った曲が凄い

スペインのポップスにがぜん興味がわいて
検索してたらトンでもないのが出るわ出るわ



Antoni Molina「boquita de cielo y menta」


B0000506XO.01._SCTHUMBZZZ_.jpg



昔はイタリアンポップスのアダモミーナ、フランスはシャンソンのピアフムスタキ
加えてスペインのフリオ・イグレシアスは日本でも一般に知られた歌手だった 
カンツォーネやマンボやタンゴ、 
世界中のポップスに親しんでいたわが国のリスナーにとっての「洋楽」を英語一辺倒にしたのは
エルヴィスとビートルズかもしれないね



LAS GRECAS
 「Te Estoy Amando Locament」

JET SET言うところの「スペインの叶姉妹」



Camilo Sesto のサイケ・ポップス 「Fresa Salvaje」 1975年

B00000I5C8.01._SCTHUMBZZZ_.jpg

スペインといえばフラメンコ どちらかといえば「オーレ!」踊りが有名でしょう
パコ・デ・ルシアのギターとか インスト音楽だと思っていたがこれには参った

カマロン・デ・ラ・イスラ Camaron de la Isla 「Tangos」
 


この人天才だと思いました 心臓わしづかみ 
「ら”ぁあぁあぁ」「お”ぅおぅおぅ」という節回しは津軽民謡カッワーリーに似てる
机をはさむのも面白い 浪曲の演台みたいなもんか

B00066450Y.01._SCTHUMBZZZ_.jpg

カマロン・デ・ラ・イスラ こちらは88年パリのライブ

フラメンコ入門は64年の紹介番組
「el mundo del flamenco フラメンコの世界」がよかった
その2はこちら ギター伴奏はパコ・デ・ルシア

スペイン音楽に不案内な自分でありますが
どうしてこー燃えるのかというと日本の歌謡曲を思い出すんだよね 
コブシで歌い上げる悲しい旋律 J-POP以前の昭和歌謡 子供の頃に聴いた音楽

最後は
はじめて聴いたのに懐かしい そんなPVを


Manolo Otero 「Porque Te Quiero」



世界のロック特集 その3

世界のロック特集 その2

世界のロック特集

ラテン音楽特集
posted by ヒサミチ at 20:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映像 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
実は、Aurora Beltranの一番新しいCDを探そうと誰か知っているか探していたらここに。。。

http://www.youtube.com/watch?v=EY-ALsk1K0I
これです。

ついでに。。。

Carmen Paris
http://www.youtube.com/watch?v=a8hrsBkn9Cs

Manolo Garcia
http://www.youtube.com/watch?v=8bdnycjGGGw

この歌手が男性では一番好きかな。
Posted by シバタ at 2009年06月27日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31975045
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。