2007年03月05日

絵の中の彼女

2007y03m05d_211823469.jpg

ご婦人の話ってつまんないこと多いでしょ とくに人事の憂さ話

あーねーナルホドナルホド、と相槌うつ他どーしようもない話を
「ちょっと聞いてよ!」と勇んでなさる

「それは、ちょっと違うんじゃないの?」とか
「こういう考え方もあるのでは」提案してもテキは聞かないね

「・・・それは、あなたの考え方でありましょう?
私の考えは違うのです 私は」以下エンエン続く
つまり相手は木石誰でもいい 会話というよりこれは演説

男にもいるけど上司に多い 
聞き手は自然インタビュアー 金もらわなくちゃあわないよ

話がつまんない人の共通点は
自分を特別と思っていることだと思うのね
特別な悩み 特別な病気 特別な履歴 特別な嗜好
「わたしの人生には価値がある」「この問題には重要な意味がある」

その「価値」にしろ「意味」にしろ
決めるのはあなたではなく聞き手であって
その話題、特別かどうかも出来たらこっちで決めたいのですがダメですか

2007y03m05d_211857819.jpg

話のつまんない人って揺るがないのね 
新興宗教の信者みたいに迷いがない
結論は既に決まっていて あとは通達するだけなんだろう


MAGALIE GUERIN
は1973年ボストン生まれ NYはブルックリンの画家
眼鏡の女性は自画像でしょう 

2007y03m05d_221533471.jpg

どこかで見かけたような構図のなかに
気取ったり笑みを浮かべたり快感に身をよじってみせる彼女は不自然で
いないほうが多分おさまりがいいだろう

相槌をうちたくてもうてなくて 謎があとから湧いて出る 
ネェこの絵の君は何故いつもひとりぼっちなの 

LikeaBird.jpg

特別な作品にいつも思うように そう聞いてみたくなりました

2007y03m05d_211839212.jpg



MAGALIE GUERINへインタヴュー

MAGALIE GUERINはPhantasmaphileで知りました
タグ:
posted by ヒサミチ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35307559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。