2007年08月20日

デモ音源 青春放射能



25日のライブでやる新曲 
歌詞その他はあとで追加します これからボク2泊で旅行なのよ
ちょっとバタバタしてる
デモを上げると船越君(おつかれさまでした)に怒られそうだなー 

読者諸君いつもありがとう 私こんなこともやってます 
皆様ご愛顧よろしくお願いします
posted by ヒサミチ at 06:52 | Comment(11) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年04月26日

ライブ映像「運命のひと」




「運命のひと」ダイナモ

先の3月のライブ 大久保水族館の模様です
左で青筋たてて唄ってるのが私ヒサミチ バンドはダイナモという
ギターはフナコシ ベース神前コーゾー ドラムはサタケ 他の音源こちらこちらこちら

あとできちんと告知しますが
5月24日(木) 吉祥寺マンダラ2でライブやります
曲を増やしてもうちょっと練習 お近くのかた遊びに来て下さい

われわれダイナモは 
1.安く演奏できるライブハウス
1.月2の練習(新宿)で鍵盤演奏できるメンバー
1.お客様 音楽関係者様各位に良いご縁
を探しております 
iamiti2000@yahoo.co.jp ヒサミチまで
どうぞ宜しくお願い致します


「運命のひと」
詞・曲 ヒサミチ

きみは運命のひと 最後の恋人 手に手をとって笑いあう 心の底に灯を灯す
きみは運命のひと 最後の恋人 何時もぼくのそばに今もたった今もいてくれるひと

こころがジッと 離れぬ様に 僕をずっと ギュッと抱いていてほしい
一番大事なひと 僕のあのひと 名前を何度も何度も呼んで ああ このまま眠らずに

僕の運命のひと 唄を捧げたい 誰が笑ってもかまわない 君の笑顔が好きなのさ
これは運命の出逢い ひと目でわかったよ 夢の中で何度も会ってたのは 君だったってさ

こころがジッと 離れぬ様に 僕をずっと ギュッと抱いていてほしい
一番大事なひと 僕のあのひと 名前を何度も何度も呼んで ああ このまま眠らずに

ぼくの 嘘を ぜんぶ ホントにして
いつも 全部 いいようにとってくれるのが 不思議で 
君が 嘘を 嘘をついてたなんて 嘘をついていたなんて 嘘をついていたなんて


思い出せないのに けど懐かしい その肌 その匂い
名前を何度も何度も何度も呼んで 眠っちゃわないでいられるよう見てて 

心がジッと 離れぬ様に 僕をずっと ギュッと抱いてくれたひと
一番好きだったひと 僕のあのひと 名前を何度も何度も呼んだ ああ 夜を忘れない

続きを読む
posted by ヒサミチ at 20:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月27日

音源「サンシャイン」

「サンシャイン」
唄 サタケ 伴奏 フナコシ 詞・曲 ヒサミチ

http://z.la/wvqej←でダウンロードできます 
「好きになった」の読者の皆さんへ「投票よろしく」とのこと




指差すな俺をサンシャイン
泥まみれでつかめフューチャー
悲しみなら全部忘れてしまえよ ベイビー ベイビー

傷だらけハートのクイーン
で 俺はスペードのエース
行き先なら俺に預けてしまえよベイビー ベイビー

噂のままで終わらせないぜ この恋を
誰も止められやしないさ 分かるんだ僕には

サンシャイン 僕のこと焦がすのさ
君の夏の瞳のビューティー
サンシャイン いつまでも
耳元でいつも繰り返すメロディの様 サンシャイン

戻れない列車に乗った 
チケットは片道切符
星空を見上げて誓ったよ 
君を幸せにするって

夢のない町にさあグッバイ
朝焼けに セイ☆ハロー
胸の中で君の目覚めを待っているんだ

涙は今はしまっておこう 大丈夫
誰も止められやしないさ 分かるんだ僕には

サンシャイン 君のこと見えないよ
夏の日差し きりきり舞いさ
サンシャイン いつまでも
耳元でいつも繰り返すメロディの様 サンシャイン

334.jpg

解説
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月20日

デモ音源「恋は魔法」

「恋は魔法」
ヒサミチ:詞、曲、歌唄
フナコシ:編曲 伴奏



恋は素敵さ
僕にみんなが言う
誰もが誰か好きになれば
君も少し調子がヘンになる

恋は魔法さ
その目を狂わせる
好きになった 人はみんな
絶世の美男と美女に化けてしまう

あ あ あ あ

馬鹿げてると思わないか
少しだけ利巧になったよ なんて嘘 
恋は

恋は毒薬
お酒とおんなじさ
離れていると寂しくて
酔えるなら誰でもかまわないなんて

恋人のいない町は静か
ただ 足音だけの通り 恋のストリート

続きを読む
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年08月18日

音源「霊峰賛歌」

詞、曲、歌唱:ヒサミチ
ギター、ベース、コーラス:フナコシ
ドラム:サタケ

「霊峰賛歌」
赤いボタン MP3をクリック


背中にピッタリくっ付く
ヤクザしか乗らないよなタイプのクルマ
湾岸線 東海道線 海岸線 サンシャイン すすすすべるスカイライン

パーキングエリアは火の海 人の波 押されて霊峰 仰ぎ見れば霊峰
世に二つとは無い山よ
足腰の丈夫な老婆が何で ここにこんなに集まって

登る 登る 登る 登る 登る 登る 登る 富士の山
登る 登る 登る 登る 登る 登る 登る 富士の山
世に二つとは無い山よ
世に二つとは無い山よ

太鼓と笛とマンジュシャゲ 煮て突いて大騒ぎ はぐれて騒ぎ
団体で満杯になった来山客たちの真っ赤なライトバン

五合目のロッジのサウナで会った あのコと霊峰 瞳の奥に霊峰
背に象った神の山
カーディガンを誰かに盗まれた でも平気 頂上で会えるよ

登る 登る 登る 登る 登る 登る 登る 富士の山
登る 登る 登る 登る 登る 登る 登る 富士の山(何をためらうか)
世に二つとは無い山よ
世に二つとは無い山よ

富士の山

続きを読む
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 04:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年08月02日

デモ音源 「掌は」

「掌は」
詞、曲、唄 ヒサミチ
ギター フナコシ




唄おうとする唇を 塞ぐ濡れた唇
唄はたのし 花はかぐわしい 今宵は夢のよう

もう少しだけこっちに来て 君の胸が見えないよ

暗闇に伸ばした掌は 掌をさがす

死んでしまえばいいと思うようなひとたちがあつまって
住んでる町 僕の町 美しい夜空に沈む町

ほんのちょっとだけ汗をかく 口うつしの水を呑む 

暗闇に芽を吹く花はただ 灯りをさがす

夜がずっと 明けないと知ったら 君はなんて言うんだろう 僕に
嘘ばっかついてゴメンネ だってさ
離れて暮らすのなんて できないよ できないよ できないよ


暗闇に呑まれた掌は 掌をさがす

夜がずっと 明けないと知ったら 君はどんな顔をする 胸に
息ができないように埋めて欲しい 掌を闇に伸ばして 
君を試した 何か話して 僕を黙らせて欲しい いつものように 

いつものように

解説
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 22:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年06月08日

デモ音源 「泥だらけのソファー」

「泥だらけのソファー」(編集したよ)



ヒサミチ:作詞、作曲、唄
フナコシ:補作曲 伴奏



腹立ったんですぐに電話
こちらが誰だって いいじゃん いいじゃん 
出してよもっと偉い人

きりないよって何度云った?
言葉が何になる マンション 僕のマンション
このいさかいを聞かせてやればいい


雷がこわいのなんて 気持ちはわかるから
ヘンじゃないじゃん 雨に濡れてて可哀想じゃん

鍵なんて閉めてたって その気になったなら
はいれるように この部屋は出来てるんだから

留守番してただけ 彼女はただの 友だち 友だち
嵐の音にふざけてただけ


泥だらけのソファーを鳴らして
五月雨に濡れたシャツ
手繰って僕をどうするの


指なんてさ 舐めてたって
僕のと同じ味
誰と どこで 寄り道をしてたかいわないと

君なんかと いつまでも
こうして騒いでも
ほぐれやしない からまった髪の毛の黒

留守番してただけ 僕らはただの 友だち 友だち
云ってなかったのなら謝るけれどさ

泥だらけのソファーを鳴らして
にわか雨に濡れたシャツ
手繰って僕をどうするの

大声を上げてる君ははじめてさ 
怒らせようとしてるなら 僕を叩くといい 僕を泣かすといい


解説
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 20:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年06月01日

コーラス練習「ガールフレンド」

スタジオ練習2日目



続きを読む
posted by ヒサミチ at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月18日

スタジオ練習1日目



続きを読む
posted by ヒサミチ at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月01日

「はいすくーる白書」DJバトル 音源

「はいすくーる白書」
詞、曲:サタケ ヒサミチ フナコシ
マイク、MC:サタケ&ヒサミチ


DJヒサミチMIX



DJフナコシMIX


カッポー着のヴィーナス 
学食は宮殿オリンパス
アイ・シャドーの汗を拭う指
レジ軽やかに鳴らす指 
僕の指とからませて


「拝啓 初めてお手紙します 
B組のサタケです 
ニックネームはドンちゃん

ボート部の帰りにカレーをいつも
僕にだけそっと大盛りにしてくれてありがとう
このごろは部活の無い日にも 
なんだかカレーが食べたくなって
学食が土曜もあいてればいいのに
淳子さんに学食で会えればいいのに

こないだの恋のアドバイス 
あのコのくれた弁当よりもホントは僕 
淳子さんの 
カレーのほうが食べたいなんて」


人はどうして大人になるんだろう
僕はどうして大人になるんだろう

「びっくりしたなあ! 手作りのカレー 
甘くてとってもおいしかった
でも
こないだは僕ちょっと 
はしゃぎすぎちゃったみたいだナ・・・

でもネ 淳子さんはね 
僕のこと絶対子ども扱いしすぎ!
17歳は大人だよ!
これでも大人のつもりです!

年? そんなの関係ない!
淳子さんはおばさんなんかじゃない!
淳子さんはおばさんなんかじゃないよ!
本当は淳子さん わかってるくせに・・・

僕 淳子さんと清里行きたい・・・

誰もいないとこ
湖のほとりに
父の会社の別荘があります
一緒に高原散歩したいナ
それから、あのこと、誰にも言っちゃ駄目だよ・・・・

P.S.T LOVE YOU」 

カッポー着を脱いでヴィーナス 
恥じらわないで さあ 
君の胸を鳴らすビート 
僕の胸を揺らすヒート
ごらん広がっていく
いくつもの波紋 

閉じ込められて生まれたままの
ちいさなふたり

 
「どうしたの? そんな目をして・・・ 
どうしたの 僕を避けてる・・・
噂は全部嘘だよ! 淳子! でたらめさ!
笑われたってかまいやしない
僕は自分に正直なだけ 

今じゃカレーも普通盛り
どうして僕を避けるのさ?
卒業してしまうから?
それとも 僕を嫌いになったから?

カレーは、なんだか、ほろ苦かった・・・」

桜舞うギムナジウム 
いつか季節は巡り春 
就職組卒業生代表の辞 

3年B組サタケ シュースケ 
目の前のマイクに一歩前進 礼 !
胸そらし息吸い込んで
青空の下で
祈るように叫ぶように 

「学食の淳子さん!! 
僕の! 僕の第二ボタンを
あなたに!あなたに! 
あなたにあげたい!」


思い出は炎に投げた花束 
燃え尽きた後も咲いている花
その棘が時に胸を刺しても 

泣けはしない ひとりぼっちで
叫べはしない ひとりぼっちで

僕はもう 子供じゃないんだから
僕はもう 子供じゃないんだから
さよなら 淳子さん ありがとう

人はどうして大人になるんだろう
僕はどうして大人になるんだろう


M200502219dfee00d.jpg

解説
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月30日

ステレオ(2000年の音源)

ステレオ mp3
赤いボタンをクリック

ヒサミチ:詞、曲、歌唱、アコースティック・ギター、鍵盤、ベース
サタケ:ドラム、パーカッション
フナコシ:エレキギター

考えてみればホラ
僕らは出会ってもいないんだから
さよならには少し早くない?
君の顔さえも
まだ僕は知りもしないはずなのに 
目を閉じれば僕らが会えるのは
不思議だ

ステレオの中に
君がもしも
そっと小さくなって
突き抜けられるとしたら
僕らはいつまでも
ステレオの中で
口ずさめるのに
この歌を

ステレオへ
ステレオへ
ステレオへ
ステレオへ

2006y03m30d_160916129.jpg

画像は
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月25日

クラスメート 音源

クラスメート.mp3

詞、曲、唄、鍵盤:ヒサミチ
ギター、伴奏、駄目だし:フナコシ


居残りの後でこうやって彼女の部屋で
ママのつめたいダージリンを飲んでる途中

悪戯のあとに誓った
僕らは只の
クラスメート
クラスメート

夏休みの前に
鍵のかかる部屋で
ふたりっきりで何かの予習を
してる
虹を象ったベッドに腰掛けた
たんくとっぱー
眩暈がする
いや嘘なんてついてないってば

そのカーテンを閉めて欲しいんだ

日差しが僕らを照らすのが
つかまってしまう様で
不安なんだ 不安なんだ 不安なんだ

クラスメートの中のひとり
今や君の狭い部屋にふたり
不意にベロが絡まって黙り
イッツ・コールド・スエット
エアコンは強なのに

スパークして何いってっかわかんないオレなにいってんだ俺
つまりずっと
話してたいんだ

四十人のクラスメートのうちで
この部屋でお茶を飲んで
「ばいばーい またね」
「ばいばーい またね」
夏の終わりになったら おわりになったら 
おわりになったら おわりになったら
元通りの
クラスメート
クラスメート

熱があるふりして
すこし咳したりして
ふたりっきりでじゃれて
またカードを配って

寂しがりやって寂しがりやにだけは見えないように振舞って
後ろめたさに悪く酔っ払って

はしゃぎ熱に浮かれて「その気にさせないで」

クラスメート
クラスメート
クラスメート


クラスメート.jpg

ところで
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 21:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月20日

タイムマシーン (2001年の音源)



「タイムマシーン」
詞と曲、歌唱、ベース、鍵盤:ヒサミチ
ドラム、パーカッション、コーラス:サタケ
駄目出しとギター:フナコシ


おかしな夢をみてた
まるでありえない話だけど

いつの間にか僕を嫌いになった君を
さらって逃げる夢

雪解け未だしの坂道も
隣に眠った振りを続けてる君も
何もかも僕にただ
眩しすぎて怖いほど

友だち連れてみんなで行きたいねって
いつか
話していた港に
降る春雨に驚いて君は涙を拭う

僕は考える
うしろにただ
飛び散って消える景色の影
思い出せそうで出せやしない
夢の切れ端に足を絡ませてどこへ


タイムマシーンを
どこかの暗いパーキングに停めて
僕らはシートを深く倒したまま
夜露の匂いを嗅ぐ

タイムマシーンの
助手席に低く寝息を立てる君の
その手を探る 僕らは眠る 百年も 千年も

タイムマシーンで
タイムマシーンで
タイムマシーンで
タイムマシーンで

「おかしな夢をみたよ」
朝の光の中に眼を
覚まして僕はこんな風に
話しはじめる

タイムマシーン(192k).mp3


追記
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月28日

ラブホテル 音源



「ラブホテル」 

詞と曲、歌唱:ヒサミチ
駄目出しと伴奏:フナコシ

ラブホテルに着いてしまえばまだ何とかなる
ラブホテルに着いてしまえばまだ何とかなる


君を
そんなに遠くまで
連れてったヤツは誰?
いや 聞きたくないよ
いつものように何か 話すことがあったなら
何かつまらない事でも

ファンタジ−・ランド 
ファンタジ−・ピ−プルの
ファンタジ−・タウン

その突き当たりに建つ 魔法の城

ラブホテルで証明してやる 
僕はもう今までの僕じゃない

ラブホテルで証明してやる 
僕はもう今までの僕じゃない

だめな男じゃないんだって

沢山の人
沢山の人影
沢山の人影を逃れて

ほんのすこしだけ
ほんのすこしのあいだ
ほんのすこしのあいだだけ
時計を止めて

ファンタジ−・ランド 
ファンタジ−・ピ−プルの
ファンタジ−・タウン

そのつきあたりに建つ 魔法の城

ラブホテルの鍵を失くした
君が何て云うのか知りたくて

ラブホテルで証明してやる 
僕はもう今までの僕じゃない

だめな男じゃないんだって

ラブホテル.jpg
タグ:自作音源
posted by ヒサミチ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月17日

天狗 音源

天狗.mp3 
mp3をクリックしてください 曲名右下 赤い四角のポッチ

詞と曲、歌唱:ヒサミチ
駄目出しと伴奏:フナコシ
コーラス:サタケ

天狗っていう名のディスコに集まって騒いだ若かりし日よ
あの店も今じゃただの駐車場

天狗っていう名のディスコで知りあった
信じられないくらい可愛いコ 
でもホントは男の子


ダサい町 響き渡るのはスキャット・マン・ジョンのテーマ
空っぽになってたハートを誰かにやって
さえないイベントのすきまを縫ってロックする(ロックし続ける)
土曜の夜の願いがすべて かなう場所

天狗 そのディスコの名は 
天狗 そのディスコの名は 
天狗 そのディスコの名は 
天狗 そのディスコの名は

盛り上がってんだ今から来いよなんて
コマっちゃってまた風呂浴びちゃって
でも店まだだれも来ていなくって

連絡網で廻して欲しい
いまから来いよ 来いよ


天狗っていう名のディスコに集まって騒いだ若かりし日よ
あの店も今じゃただの駐車場
天狗っていう名をつけたのはマスター オレの兄貴
新宿で 覚えたステップをみせてくれ さあ!

ダンス・オン☆マ・パーティ・ピーポー
ダンス・オン☆マ・パーティ・ピーポー


ダサい町 なごり雪の季節の終わる頃 
暮れつづけて暮れない夕暮れを背に 歌ったり 踊ったり

東京で女優になるってコに 
がんばれって みんなで パーティ
送ってくよって 駅まで行って 始発を一緒に待っただけ
(悪い噂は信じない 信じない 信じない)

天狗 そのディスコの名は 
天狗 そのディスコの名は 
天狗 そのディスコの名は 
天狗 そのディスコの名は

好き勝手して今日から今日へ今日から今日へとまた繰り返す
懐かしいねってハナシじゃなくてただ
思い出してしまうだけ

今から来いよ
来いよ


tengu.jpg

おまけ
posted by ヒサミチ at 20:02 | Comment(9) | TrackBack(0) | 音源 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。